AB米国成長株投信 キャンペーン情報 予想分配金提示型 松井証券

【予想分配金提示型編】松井証券の『投信毎月ポイント・現金還元サービス』の対象銘柄22選

こんにちは。かわ吉です。

先日から松井証券の回し者かと言わんばかりに松井証券に関連する記事を連投しています。その理由としては、松井証券の『投信毎月ポイント・現金還元サービス』が、予想分配金提示型ホルダーにとって非常に役立つ相性の良いサービスだと考えているからです。

このサービスの内容については過去の記事でまとめていますので、詳しく知りたい方はまずは以下の記事からご覧ください。

投資信託を預けているだけで、信託報酬の還元を毎月受けることができるサービス

投資信託の保有額に応じて信託報酬を還元されます

他の金融機関に預けている投資信託は松井証券に移し替えることが可能です

これから新たに予想分配金提示型ファンドを検討している人だけではなく、既に他の証券会社でキャンペーン対象のファンドを保有している場合は『移管』することでキャンペーンの恩恵を受けることができます。

ただ、そもそも自分がこれから買付を検討しているもしくは、他社で保有しているファンドを松井証券へ『移管』したいと検討している人も、まずはそのファンドがキャンペーンの対象になっているかチェックするすることが先決です。

ただ、このキャンペーンに該当するファンドは約1,100本あります(笑)

半端ないですね。一覧からわざわざ探すのも大変ですから、今回はインカム狙いの投資家御用達の予想分配金提示型の対象ファンドをリストアップしてみようと思います。

この記事を読んでいただくと以下のメリットがあります。

松井証券の『投信毎月ポイント・現金還元サービス』に該当する予想分配金提示型ファンドが分かる

本キャンペーンはファンドによって還元率が異なるが、還元率も併せて分かる(今回は現金還元の場合のみ)

自分がこれから買付もしくは他社から移管を検討しているファンドが対象になっているか調べる時間が省ける

この記事が読者の資産運用の一助になれば幸いです。

もし該当ファンドがあれば最後に松井証券の公式HPのリンクを貼っておきますので、是非口座開設してみてください!!このサービスは予想分配金提示型ファンドの弱点であった運用管理コストの低減することができます。

ではいきましょう。

本キャンペーン対象の予想分配金提示型ファンドは全部で22銘柄

では早速、本キャンペーンの対象となる予想分配金提示型ファンド一覧をご覧ください。ピックアップはシンプルな作業だけど、予想分配金提示型ファンドだけ見つけてるのは地味に大変でした(笑)

銘柄還元率(年間)
①グローバルAIファンド(予配)0.5%
②グローバルAIファンド(予配)為替ヘッジあり0.5%
③デジタルトランスフォーメーション株式ファンド(予配)0.5%
④アライアンスバーンスタイン米国成長株投信Cコース0.45%
⑤アライアンスバーンスタイン米国成長株投信Dコース0.45%
⑥次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(予配)0.45%
⑦ロボット・テクノロジー関連株式ファンド(予配)0.45%
⑧ストラテジック・リート・ファンド(予配)為替ヘッジあり0.45%
⑨ストラテジック・リート・ファンド(予配)為替ヘッジなし0.45%
⑩米国ツインスターズファンド(予配)Aコース0.45%
⑪米国ツインスターズファンド(予配)Bコース0.45%
⑫フィデリティ米国株式ファンドE0.4375%
⑬フィデリティ米国株式ファンドF0.4375%
⑭アライアンスバーンスタイン新興国成長株投信Cコース0.4%
⑮アライアンスバーンスタイン新興国成長株投信Dコース0.4%
⑯インベスコ世界ブロックチェーン株式ファンド(予配)0.4%
⑰サイバーセキュリティ株式オープン(予配)為替ヘッジなし0.4%
⑱サイバーセキュリティ株式オープン(予配)為替ヘッジあり0.4%
⑲東京海上ジャパンオーナーズ株式オープン(予配)0.4%
⑳ニューチャイナファンド(予配)0.3%
㉑グローバル5.5倍バランスファンド(予配)0.3%
㉒UBS気候変動関連グローバル成長株ファンド(予配)0.5%
出所:松井証券のデータを元にかわ吉作成

予想分配金提示型ファンドの代表格であるグローバルAIファンドは年間0.5%の現金還元が受けられます。

出所:松井証券

ちなみに予想分配金提示型ファンドの王者であるアライアンスバーンスタイン米国成長株投信Dコースを1,000万円保有した場合は以下になります。

出所:松井証券

1,000万円投資した場合の、グローバルAIファンドでは年間50,000円・アライアンスバーンスタイン米国成長株投信Dコースの場合は年間45,000円の現金還元を受けることができます。これはかなり大きいですよね。基準価格が下がって分配金が0になっても現金還元は続きますから、このキャンペーンが続く限りインカム収入が0になることはありませんね。

楽天証券やSBI証券でも同じような還元サービスはありますが、還元率は松井証券が圧倒しています。商品自体はどの証券会社で保有しても、パフォーマンスは同じですから、せっかく保有するなら還元率が高い証券会社を使った方がお得ですよね。

出所:松井証券

まとめ

今回は、松井証券のキャンペーンである『投信毎月ポイント・現金還元サービス』の予想分配金提示型の該当ファンドをリストアップしてみました。

該当ファンドは全部で22銘柄でした。おおよそ代表的な予想分配金提示型ファンドは該当しているイメージですね。これからこれらのファンドの買付や、これらのファンドを既に保有している人は松井証券で買付したり移管すると、高い還元率で現金もしくはポイントの還元を受けられます!!

短期投資であれば、どの証券会社で保有しても大差はないと思いますが、長期保有が前提であればその差はかなり大きなものになる可能性があります。是非、松井証券の利用を検討してみてください。

松井証券についてもっと知りたい&口座開設

松井証券公式ホームページ

もし口座開設していただけるならかわ吉ブログ経由でお申し込みいただけると励みなります。。。

以上、お役に立てれば嬉しいです。

かわ吉はツイッターもやっていますので是非フォローをよろしくお願いします。

-AB米国成長株投信, キャンペーン情報, 予想分配金提示型, 松井証券