旅行情報

【マリオットボンヴォイAMEX】旅行*嫌い*の人が持つべき最強カード

こんにちは。かわ吉です。

マリオットボンヴォイAMEXカードは私が使っているメインのクレジットカードです。

このカードを紹介しているWEBサイトは大量にあります。しっかり記事の最後に紹介コードも付いています(笑)

これは紹介でカードを作ってもらうと紹介者にもポイントが付くからなわけですが、良いものは世間に広まれば良いと考えるタイプなのでこの紹介制度は紹介者と紹介を受ける人双方にとってメリットがあると思います。

ただ、このカードを紹介しているこれらのWEBサイトの内容には気に食わない共通点がありました。

それは、このカードを持つべき人の特徴です。

どのサイトにも、このカードを保有すべき人の特徴として『旅行が好きな人』を挙げていました。

個人的にはこれは間違いだと考えています。このカードは旅行好きではなく、旅行嫌いな人こそ持つべきカードだと思います。

その理由はシンプルに旅行嫌いな人が持った方が、人生に与えるインパクトが大きいからです。個人的には、旅行は人生を豊かにしてくれるものと考えています。だから、旅行嫌いという人にもいろいろなところに旅行して欲しいです(笑)

ただ旅行嫌いの人が旅行を嫌いと感じる理由もあるわけで問題解決は簡単ではありません。しかし、旅行嫌いの人を半強制的に旅行に連れていく仕組みは作ることが可能です。

それはクレジットカード『マリオットボンヴォイAMEXカード』を作ることです。

そこで今回は、なぜ私がそのように考えたのか解説してみようと思います。

この記事が旅行嫌いの人の人生を変えるきっかけになれば幸いです。

ではいきましょう。

かわ吉はツイッターもやっておりますので是非フォローをよろしくお願いします。

旅行に行かないことでデメリットはあるのか??

そもそも旅行嫌いな人は旅行に行かないことで何かしらのデメリットがあるのでしょうか?

結論!旅行嫌いの人は2つのデメリットがあります。

①新たなものに触れる機会が減少し刺激のない人生になる

②ストレスの増加や体内のホルモンバランスが崩れる可能性がある

①について、人生はいかに多くの思い出を作ることができるかゲームだと考えています。死ぬ間際に、自分の人生を振り返ったとき、どのくらいの記憶をフラッシュバックできるか、それが多ければ多いほど幸せな人生だと思います。そのように考えた時、旅行は最もコスパよく思い出を作れるイベントだと感じます。これは自分の普段の生活圏から抜け出し、新たなお店・ホテル・ご飯屋さん・街の景観など非日常感を手っ取り早く味わえるからです。

もちろん、旅行以外でも思い出を作ることは可能です。ただ、旅行ほど手っ取り早く思い出を作ることができるイベントは決して多くないと思います。

②については、人は非日常を味わうことで五感を刺激しストレスの軽減やホルモンバランスを整えることが可能になるようです。旅行で非日常を経験することで無意識にあなたの身体によい影響を与えてくれます。逆に言えば、旅行にまったく行かない人はこのメリットを享受できないということです。

だから個人的には旅行に行かないことには大きなデメリットがあるので、年に1回でも旅行に行く機会を作って欲しいと考えています。

旅行嫌いが旅行嫌いである理由

旅行に行かないデメリットがあったとしても旅行嫌いの人は旅行に行きません。なぜなら旅行嫌いの人には、旅行に行きたくない理由・原因があるからです。

その理由は以下の3つが考えられます。これらの問題を解決できなければ旅行嫌いの人は旅行に行くことができません。

①費用が掛かる

②旅先を決めるのが面倒

③旅行に行く理由がない

①については言葉の通りです。旅行をするとお金が掛かります。交通費・宿泊費・お土産代etcです。2人の旅行で5万円以上かかっても別におかしくないです。5万円あればできることはたくさんありますから、旅行に行かずに別のことに使う方が良いと考える気持ちも分かります。

②については私も時々感じます。『旅行に行くぞ!!』と決めても、『特に行きたいところがないなぁ。行くところを探すのも面倒だなぁ』と考えることは多々あります(笑)そのフェイズに入るとリカバリーは不可能です。結果、旅行に行かないという選択肢を取ることになります。

③については、大問題です。そもそも旅行に行く理由がない(笑)旅行嫌いの人には旅行に行く理由がないのです。だから旅行に行かない。逆に言えば、旅行に行く理由をつくることができれば旅行嫌いな人も旅行に行くことができるかもしれません。

とりあえず、旅行嫌いの人が旅行に行くためには以上の3つの課題を解決する必要があります。

これらの問題を解決することはできるのでしょうか??

結論!できます!

『マリオットボンヴォイAMEXカード』を保有すれば、これらの課題を全て解決することが可能です。

なぜマリオットボンヴォイAMEXで課題解決ができるのか?

先ほど、挙げた旅行嫌いな人を旅行に行かせるために解決すべき課題をどうしてマリオットボンヴォイAMEXが解決できるのか説明します。

解決すべき課題と解決できる理由は以下です。

①費用が掛かる

→支払った年会費以上のメリットは享受できる

②旅先を決めるのが面倒

→宿泊先が自動的に決まるので旅先の選択に労力不要

③旅行に行く理由がない

→無料宿泊特典には利用期限があり、旅行に行かなけば損をするため半強制的に旅行に行くことになる

①について解説します。

マリオットボンヴォイAMEXカードの年会費は高いです。年会費は49,500円(税込)です。金額だけ見ると非常に高く感じます。年会費が無料のクレカは大量にありますから、それと比較するとなおさらです。

しかし安心してください。このカードの年会費は2年目以降は、無料宿泊特典とカード利用時貯まるポイントで十分元が取れます。(1年目も無料宿泊特典がなくても元を取ることは可能なのでご安心を。その方法は最後にお伝えします)

大前提として無料宿泊特典は初年度はありません。以下の2条件を満たさないと特典はゲットできません。

①年間のカード利用額が150万円以上

②2年目以降もカードを更新する

個人的には①の条件が人によっては鬼門になるのでないかと考えています。①が満たせないと元を取ることは難しいかもしれません。

今回は、2つの条件を満たせる人を前提に試算をしてみます。

ひとまず無料宿泊特典を活用例としてウェスティン都ホテル京都(8月の土曜日大人2名1室宿泊時の宿泊料金6万2290円・2022年7月12日調べ)のケースもあります。これだけで年会費以上のリターンを得ています。さらに、毎年150万円以上の利用があればポイントは45,000㌽貯まります。このポイントで1泊3万円程度のホテルに宿泊することが可能です。

このカードの年会費は確かに高いですが、払った以上のリターンが期待できるので費用が掛かるデメリットの大半は克服することが可能です。

②の「旅先を決めるのが面倒」ということについては、このカードで問題解決できます。

なぜならこのカードの特典である無料宿泊特典で泊まれるホテルは限定されています。これにより、泊まれるホテルは自動的に絞られます。

つまり、ホテルを探す手間の大半を省くことができます。無料宿泊特典を使うホテルが決まれば旅先も自動で決まります。旅先が半自動で決まる旅って逆に面白くないですか??自分の価値感でない判断基準で旅先が決まれば、これまで行ったことがない先に必然的に行くことになります。人生の幅が広がる気しかしませんね(笑)

③の「旅行に行く理由がない」についてもこのカードで問題解決できます。

なぜなら無料宿泊特典には有効期限があるからです。基本的にはカードを更新して1年間です。これを過ぎるとこの特典を利用することはできません。だから強制的に旅行に行かないと無料宿泊特典を捨てることになります。

少し荒療治ですが、無料宿泊特典の有効期限によって強制的に旅行に行かなければならない環境作りができました。

そもそも高級ホテルに宿泊するメリットとは?

そもそもマリオットボンヴォイAMEXの無料宿泊特典やポイントで泊まれるホテルはラグジュアリーホテルです。

傾向としては、高級志向です。

「ホテルなんて泊まれればOK!」「高級である必要はない!!」と感じている人も多いと思います。

ただちょっと待ってください。高級ホテルに泊まる意味・メリットはあります。

個人的に考えるラグジュアリーホテルに泊まるメリットは以下です。

①圧倒的な部屋の広さとロケーションは非日常を経験させてくれる

②ホテルに宿泊することを目的にすることができる

③アメニティの質が高く、日常の生活では出会うことがないものと出会うことができる

①について、ラグジュアリーホテルはよくあるシティホテル等とは比較にならない部屋の広さを誇ります。さらに都市部の高層階にホテルがあることが多いため、圧倒的な景色を楽しめます。

ザ・リッツ・カールトン福岡
ザ・リッツ・カールトン福岡

この時に泊まったリッツカールトンの部屋は50平米でした。一般的な1LDKや2LDKのアパートの部屋面積の大半を寝室にした感じです。窓も大きいのでよりダイナミックに景色を楽しむことができます。

これはシティホテルや旅館では味わえないラグジュアリーホテルの魅力です。

②については、ラグジュアリーホテルで顕著に感じるメリットです。ラグジュアリーホテルに泊まると、部屋から出たくないです(笑)

なぜなら居心地が良すぎるからです。居心地が良すぎて、わざわざ外に出るのがもったいなく感じるくらいです(笑)

どうしても旅行に行くと、『観光しないともったいない!!』と感じます。もちろん観光で様々なものに触れることも大切です。ただ、旅行嫌いの人からすれば、せかせか様々なところに移動するのも大変です。そのように考えると、観光もしながらホテルでゆっくりとした時間を過ごすのもアリだと思います。せっかく旅行に来たのに広い部屋でスマホをいじるのも贅沢でいいと思います。

③については、私も衝撃を受けたアメニティと出会ってきました。ホテル自体が高級志向なので、アメニティも非常に良いものが使われています。シャンプーやボディクリームなど、買えば1万円以上かかるものが平気でアメニティとして置かれています。普段、触れる機会がないものと出会う絶好のチャンスです。

その中で私が最も衝撃を受けたアメニティは、パジャマです。リッツカールトン福岡のアメニティとして置かれていたパジャマは英国紳士ご用達の『デレクローズ』です。

着心地が柔らかくて初めての感覚を覚えました(笑)持って帰りたかったくらい良かったです(笑)

値段はおそらく3万円以上はする。。。

高級ホテルと聞くと、「ただ高いだけ!!ホテル代に使うなら他のモノに使った方がいい!!」という意見をよく聞きます。もちろん、それも一理あります。私も以前はそのように感じていました。ただ、実際に泊まってみると高級ホテルにはそれなりのメリットがあることも分かりました。

高級ホテルって宿泊すること自体が思い出になるんですよね。これって、シティホテルやボチボチの旅館ではない魅力だと思います。少なくとも、人生で一回は泊まってみる価値はあると思います。

私のザリッツカールトン福岡の宿泊体験記はこちら。

資産運用でインカム収入がある人はリスクなし

高級ラグジュアリーホテルに泊まるメリットは十分あります。ただ、メリットがあったとしても年会費49,500円(税込)はさすがに高い。

気軽に毎年払える金額ではないように感じます。

この年会費をストレスなく支払う方法として、資産運用で得たインカム収入を活用するのは有効だと思います。

私も同じように感じたので、このカードの年会費の支払原資は、資産運用から得たインカム収入より支払っています。

そのようにするメリットは「元々なかったお金だから支払うときのストレスが小さい」ということが挙げられます。

自分の給料や年金から支払うのと、資産運用で得たインカム収入で支払うのは、全く重みが違います。この性質の差を活用して、年会費を払うのは有効です。

給料では買いたくないけど、それ以外の臨時収入であれば買おうかなという場面は多々あると思います。そのようなお金があれば、比較的ストレスなく年会費を支払うことが可能になると思います。

ただその臨時収入がギャンブル等であれば、毎年再現性高く勝ち続けるのはリスクが高いかもしれません。一方で、資産運用で得たインカム(たとえば、投信やETF、株式の分配金・配当など)は比較的再現性が高いので、人を選ばず臨時収入を継続して狙える可能性があります。

かわ吉ブログでは、投資信託でインカムを狙う方法も記事にしていますので、是非ご覧ください。

資産運用で得たインカム収入を年会費に充てればリスク0です。

初年度は紹介制度を使うとより効率的に元が取りやすい

このカードは、2年目以降は無料宿泊特典とカード利用によるポイントで年会費をカバーすることが可能です。ただ、1年目については無料宿泊特典がありませんので、その他の方法で元を取る必要があります。

その方法として、入会後3か月以内に30万円以上このカードと使うことです。ただ、これではプレミアムの場合、39,000㌽しかつきません。これがもし紹介であれば6,000㌽追加されて45,000㌽が付与されます。

2年目以降に付与される無料宿泊特典は50,000㌽相当なので、少しでもそれに近づけるなら紹介制度を活用した方がお得です。

どのくらいお得になるかは以下をご参照ください。

上記の通り、公式サイトから入会するよりもプレミアムの場合は6,000㌽もお得になるため、ほとんどの方が紹介経由で入会しています。

私も紹介で入会しました。

これらの特典を受けるには入会後3か月以内に30万円以上利用する必要があるのでご注意ください。

ぶっちゃけこの紹介制度は、紹介される側だけではなく紹介する側にもメリットがある仕組みになっています。だから、友人でこのカードを使っている人がいればその方から紹介を受けてもOKです!!もしこのカードを使っている友人がいなければ私の紹介として申込いただくことも可能です。

下のボタンから飛んでいただくと、私から紹介を受けた形で申し込みができます。

紹介特典での入会はコチラ

カード入会

是非、検討してみてください。

以上、お役に立てればうれしいです。



-旅行情報